障害運営規定

障害運営規定

(事業目的)
第1条 株式会社 プーさんの家が、開設するプーさんの家(以下「事業所」という)が行う居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護又は移動(外出)支援の適正な運営を確保するために人員及び従業者(厚生労働大臣の定める者)(以下「居宅介護員等」という)が、障害者(児)に対し、適切な指定居宅介護等を提供することを目的とする。

(運営の方針)
“第2条 事業所の居宅介護員等は、障害者(児)の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排泄、食事の介護その他の生活全般にわたる援助を行う。
2  事業の実施にあたっては、関係区市町村、地域の保険・医療福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。”

(事業所の名称等)
第3条 事業を行う事業所の名称は及び所在地は、次のとおりとする。
一 名 称 プーさんの家
二 所在地 東京都中央区佃2-16-7-601

(職員の職種、員数及び職務内容)
第4条 事業所に勤務する職員の職種、員数および職務内容は次の通りとする。
一 管理者 1名
管理者は、事業所の従業者の管理及び業務の管理を一元的に行う。
二 サービス提供責任者 4名

(厚生労働大臣が定めた資格を有する者)
サービス提供責任者は、事業所に対する指定居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護又は移動(外出)支援の利用の申し込みに係る調整、居宅介護員等に対する技術指導、居宅介護等計画の作成等を行う。
三 居宅介護員等 2級課程修了者 介護福祉士 介護初任者研修修了者
2.5 名以上 (常勤)
居宅介護員等は、障害者(児)の居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護又は移動(外出)支援の提供にあたる。
四 事務職員 2名
必要な事務を行う、必要に応じて採用する。

(営業日及び営業時間)
第5条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。
一 営業日 月曜~金曜日 祝日を除く 年始年末12/29~1/3
二 営業時間 9時~17時
三 サービス 24時間 年中無休

(指定居宅介護等の内容及び利用者からの受領する費用等について)第6条 提供内容は、次のとおりとする。
1
一 居宅介護
身体介護:入浴、排泄及び食事の介護を行う。
家事援助:調理、洗濯及び掃除の家事を行う。
二 重度訪問介護
“ 重度の肢体不自由者であって常時介護を有する障害者(児)に対する入浴、排泄及び食事等の介護並びに外出時における移動中の介護並びに介護等に関する助言その他の生活全般にわたる援助を行う。” “重度の肢体不自由者であって常時介護を有する障害者(児)に対する入浴、排泄及び食事等の介護並びに外出時における移動中の介護並びに介護等に関する助言その他の生活全般にわたる援助を行う。”
三 同行援護 視覚障害により、移動に著しい困難を有する 障害者(児)等につき、外出時において、当該障害者等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護を行う。
四 行動援護 行動上、著しい困難を有し常時介護を要する障害者(児)が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護及び外出時における移動中の介護等を行う。
五 移動(外出)支援 ”外出が困難な障害者(児)が充実した日常生活を営むことができるよう、ヘルパーを派遣し、社会参加等に必要な外出時の支援を行う。”
2 指定居宅介護サービス等を提供した場合の利用料の額は、告示上の額とし、当該指定居宅介護サービス等が法定代理受領のサービスであるときは、その1割とする。ただし、区市町村が定める月額負担上減額の範囲とする。
3 第8条に定める通常の実施区域を越えて行う指定居宅介護等に要した交通費は、その実額を徴収する。
4 前項の費用及びその他、利用者等から金銭の支払を受ける場合には、利用者等に金銭の支払を求める理由について書面によって明らかにするとともに、支払に同意する旨の文章に署名(記名捺印)を受けることとする。

(事業の主たる対象者)
第7条 事業の主たる対象とする障害の種類を次のように定める。
居宅介護:特定無し
重度訪問介護:特定無し
同行援護:特定無し
行動援護:特定無し
移動(外出)支援:特定無し

(事業の事業の実施区域)
第8条 通常の事業の実施区域は江戸川区・中央区・千葉県市川市・船橋市・浦安市神奈川県横浜市の区域とする。

(緊急時における対応方法)
第9条 居宅介護職員等は、指定居宅介護等を実施中に利用者の病状に急変、その他緊急の事態が生じたときは、速やかに主治医に連絡するなどの措置を講じるとともに、管理者に報告しなければならない。

(虐待の防止のための措置)
第10条 指定居宅介護事業所は、利用者の人格を尊重する視点に立ったサービスに努め、また、虐待防止に必要な措置を講じるとともに、虐待を受けている恐れがある場合は直ちに防止策を講じ市町村区へ報告する。 

(事業の事業の実施区域)
第11条 指定居宅介護事業所は、居宅介護員等の質的向上を図るため、研修の機会を次のとおりも受けるものとし、また、業務体制を整備する。
一 採用時研修 採用後6ヶ月以内
二 継続研修 年12回
2 従業者は、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持する。
3 従業者であった者に、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持するために、従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持する旨を、従業者との雇用契約の内容とする。
4 この規定に定める事項のほか、運営に関する重要事項は、株式会社 プーさんの家と事業所の管理者との協議に基づいて定めるものとする。

付則
この規則は、平成28年2月15日から施行する。